マイホーム購入で必要となる手続きガイド

マイホーム購入のための最初の手順としてあげられるのが購入申込みになります。

マイホーム購入で必要となる手続きガイド
マイホーム購入で必要となる手続きガイド

マイホーム購入のための申し込み

憧れの一戸建てという言葉もありますが、具体的にどうすればマイホームを購入できるのでしょうか。
まずマイホーム探しにおいて重要になるのは、情報収集になります。
まず自分がどのようなマイホームに住みたいのかをはっきりさせておくというのは重要になってきます。
希望の間取りや希望のエリアなどをはっきりさせておくと、より効率的に情報を探すことができるようになることでしょう。
最近ではわざわざ不動産会社に行かなくても簡単にインターネットで検索することができますので、そのようなツールを活用することもできるでしょう。
このように検索すると、なかには条件によりあった物件情報を見つけることができますので、それを扱っている不動産会社に連絡してみることができます。
例えば新築マンションの場合にはモデルルームにいってみるのも良いですし、中古物件や一戸建ての場合には物件見学をしてみると良いかもしれません。
そのような物件見学をして、気に入ったものが見つかったら今度は購入申込みを行うことになっています。
とくに人気のある新築マンションなどの場合には、すぐに買い手が現れてしまう場合があるので気に入った物件が見つかったらすぐにでも申し込みをしておきたいものです。
ちなみに新築マンションの場合には、抽選方式で申し込み者を決める場合もありますので、その場合には抽選にあたってから申し込みができるようになっています。
また多くの物件では、申込時に「申込証拠金」を支払うことになる場合もありますので注意しておきましょう。
この申込証拠金ですが、物件によって5万円であったり10万円だったりとばらつきがあり、契約に至った場合にはそのまま手付金の一部に充当されることになっています。
もし契約に至らなかった場合には、この費用を返してもらうことができますので、預かり証をしっかりもらっておくようにしたいものです。
さらにこれらのマイホーム購入にいたっては、マイホームローンを活用する場合がほとんどだと思われますが、ローンの前には事前審査を受けておくようにしたいものです。
このローンに関しては不動産会社の提携ローンの場合には問題ないのですが、自分で選んだ金融機関や不動産会社でローンを組む場合には審査が厳しくなることもありますので注意しましょう。
もちろん場合によっては申し込みをキャンセルするということもありますが、個人情報などが知られてしまいますので、軽はずみなキャンセルは避けるようにしたいものです。

Recommend