マイホーム購入で必要となる手続きガイド

新築一戸建てと中古の一戸建て購入の際の注意点を取り上げています。

マイホーム購入で必要となる手続きガイド

マイホーム購入における注意点

これから新築一戸建てを購入しているという場合には、その手続においてどのような注意点が挙げられるのでしょうか。
まず一戸建ての場合には不動産会社から直接購入するというケースと、仲介会社を介して購入するというふたつのケースがあります。
ちなみに仲介会社を介する場合にはそのための仲介手数料というものが発生することになっています。
この手数料ですが、法律では上限というものが定められており、400万円を超える場合は物件価格の3%に6万円、そして消費税5%を加えた額が仲介手数料になっています。
さらに一戸建ての場合には、土地を買って家を建てるというケースもあることでしょう。
この場合には土地の値段と家そのものの値段というものを考える必要があり、それぞれにおいてローンなどを組む必要がありますので、手数料なども余計に発生してしまいます。
金融機関によっては土地の購入の際に家の関係資料の提出などを求められる場合がありますので、あらかじめ準備しておくことが重要になってきます。
このような一戸建て住民ですが、契約時には建物が未完成であったり、モデルルームとは異なる場合というものもありますので、契約図面や設備仕様をしっかりチェックしておくことは重要です。
またなかには新築一戸建てではなく中古の一戸建てを購入しようと考えている方もいることでしょう。
ではそのような場合にはどのような点に注意することができるのでしょうか。
全体的なコストが低いのが中古の一戸建ての魅力になっているのですが、建物構造においては新築一戸建て以上の注意が必要になるといえるでしょう。
素人目にはなかなかわかりにくい場合がありますので、ホームインスペクションといわれる専門家による調査を依頼するというのは良い方法です。
しかしこのホームインスペクションを依頼するには売主の同意や、診断のための料金というものも必要になりますので、その点における点も理解しておきましょう。
さらに人によっては中古の一戸建てを購入してからリフォームを考えているという方もいますが、この場合には購入前からリフォーム業者と相談しておくというのは良いことです。
というのも中古の一戸建てのなかには希望のリフォームができなかったり、構造上かなりのリフォーム費用が必要になる場合があるからです。
ちなみにリフォームするという場合には、住宅ローンとリフォームローンをまとめて借りることができるものもあります。

Recommend