マイホーム購入で必要となる手続きガイド

マンションや一戸建ての物件探しと問い合わせ方法に関するノウハウを取り上げています。

マイホーム購入で必要となる手続きガイド

物件探しと問い合わせ

マイホームを購入しようとしているのであれば、まず行うことになるのが物件検索と問い合わせになります。
具体的にはどのような手順になっているのでしょうか。
まず物件検索に関してですが、最近ではインターネットによってより効率的にできるようになっています。
このインターネットによる検索をするさいには、まずエリアや沿線など、広くヒットするようなキーワードからはじめてから、どんどん条件を重ねていくという方法が好ましいといわれています。
最近の不動産会社の検索機能というのはかなり進化しており、物件価格、広さや間取り、最寄駅からの徒歩分数などで細かく条件を検索できるようにもなっていますので、そのような条件を打ち込んでいきましょう。
このようにして大体の物件を絞ることができたら、今度は詳細ページからもっとくわしい条件をみるようにします。
ただの間取り図だけということもありますが、物件によってはたくさんの写真があったり、物件の動画などもありますので、より具体的にイメージできるようになっています。
しかし百聞は一見にしかずともいわれますので、気になった物件があったらその物件を扱っている不動産会社に連絡をしてみるというのは重要です。
とくに新築マンションや新築一戸建ての場合には、パンフレットなどが用意されている場合も多いですので、そのような資料を住戸ごとの販売状況資料などと一緒に請求してみるというのもひとつの方法になります。
それに対して中古物件の場合には情報が限られてしまいますので、不動産会社にメールや電話で聞いてみるようにしましょう。
しかし時間が許すのであれば、やはり物件見学に行ってみるというのは良いことです。
物件見学に行くとその物件だけではなく周囲の環境などについても分かりますし、マンションの場合であれば共用施設やペースの様子などもしっかり確認することができるようになります。
ちなみにこの物件見学ですが、それぞれの物件によっても違いがあり、新築物件でまだ建物が完成していない場合にはモデルルームやモデルハウスの見学になります。
このモデルハウスやモデルルームの場合にはいつでも営業時間中であれば見学ができるようになっていますので、比較的見学しやすいのが特徴になっているといえるでしょう。
しかし中古物件などで売主が居住中だという場合には隅々まで見学することが難しくなってしまいますので、事前に予約などをしっかりしてから見学しなければなりません。