マイホーム購入で必要となる手続きガイド

住宅ローンは、民間融資、公的融資、協調融資に分けることができますが、どのような違いがあるのでしょうか。

マイホーム購入で必要となる手続きガイド

住宅ローンの種類

一生のなかでもとくに大きな買い物といわれているのがマイホームになるのですが、マイホーム購入の際にはマイホームローンを活用される方がほとんどだといわれています。
このマイホームローンというのは一種類しかないというのではなく、大きく分けると民間融資、公的融資、協調融資という種類に分けることができるようになっています。
ではそれぞれのローンにはどのような特徴があるのでしょうか。
まず挙げることができるのが民間融資といわれるものです。
この民間融資の代表的なものが銀行によるローンになるのですが、メリットとしては店頭金利より低い金利が適用されるなどの低金利でしょう。
ただ場合によっては融資が下りるまでに時間がかかってしまうこともありますので注意が必要だといえます。
ちなみにこの民間融資のなかには銀行のほかにも、住宅ローン専門会社や生命保険会社などがあげられます。
これらに民間融資はそれぞれにおいて手数料などの諸費用を抑えたプランや、さまざまな会社と提携しているものなど特徴がありますので、よく比較して選ぶ事が重要だといえるでしょう。
続いて挙げることができるのが公的融資といわれるものです。
これには都道府県や市町村が独自に行っている融資や、財形融資といわれるものが該当します。
この財形融資というのは、財形貯蓄を1年以上行っており残高が50万円以上ある場合に利用することができる融資ですが、財形貯蓄の10倍、最高4000万円まで融資が可能ということもあり、かなり注目されているローンだといえます。
しかし勤務先によっても利用できる融資が異なってきますので、まずは勤務先に相談してみることが重要になってきます。
このように民間融資と公的融資というものには違いがあるのですが、これらの中間的な位置に属しているのが「協調融資」というものになります。
この場合には民間融資が窓口になっているのですが、長期間固定金利が特長になっています。
場合によっては民間融資よりも安い金利のものもありますので、とにかく金利を抑えたいという場合には最適な融資になるといえるでしょう。
またこのなかでもお得な融資商品として「フラット35S」といわれるものがありますが、これは省エネ性能、耐震性、バリアフリー性、耐久性の基準を満たした住宅で受けることができる特殊な融資になります。
この融資商品の場合には一定期間金利引き下げを受けることができますので、よりお得に住宅ローンを受けることができます。
これからマンションや一戸建てを購入しようとしているのであれば、このような住宅ローンの違いにも注目してみるようにしましょう。

Recommend