マイホーム購入で必要となる手続きガイド

購入契約の前に、重要事項説明というものがありますが、注意したいポイントをまとめています。

マイホーム購入で必要となる手続きガイド

重要事項説明について

自分が住みたいという物件を見つけることができたら、今度は住宅ローンの事前審査を受けて契約という流れになっていきます。
しかしこの契約の前には「重要事項説明」というものが行われるようになっています。
この「重要事項説明」ではかなり重要な情報の説明などが行われることになっていますので、分からない部分に関しては質問したり調査したりと、しっかり理解するようにしてから契約をするようにしましょう。
では具体的に重要事項説明において注意できるポイントとしてはどのようなものがあげられるのでしょうか。
例えば、法令上の制限に関して敷地や建物の状態がどのようになっているのかなどがありますが、マンションや一戸建てかによってもポイントには違いがあります。
例えば一戸建てを購入するという場合には、排水が公共下水道でない場合にどのように処理するようになっているのかや、供給施設が未整備になっている場合、誰が責任をもって工事をするのかどうかもはっきりさせておきましょう。
またマンションの場合では管理費、修繕積立金の金額というのも知っておかなければなりませんし、駐車場に関する料金や注意点なども知っておくべきでしょう。
中古マンションの購入の場合でしたら売主が管理費や修繕積立金を滞納している場合もありますので、そのような注意点がないかどうかも確認しなければなりません。
これらの物件そのものに関するチェック点に加えて言えるのが契約条件の確認に関してです。
例えば代金以外に必要な金銭として、契約時の手付金や保全措置のための費用がどのようになっているのかということがあります。
さらによくトラブルになってしまう点ですが、契約解除に関する点も挙げることができるでしょう。
具体的には契約違反による解除の際に違約金がどのようになっているのかや、ローン特約による解除の際の注意点なども知っておくべきです。
これら「重要事項説明」のなかにはその他という分類にされていることもありますが、ここでは工場や墓地などの周辺の施設に関する扱いや、住民があらかじめ知っておくべき情報などがまとめられています。
ついマイホーム購入をあせってしまったり、浮かれた気持ちになっているとこれらの重要事項をあまり聞かずにそのまま契約してしまうということもあるようですが、そのような場合には後で変更するにしてもペナルティが課されてしまうことにもなりかねませんので注意が必要だといえるでしょう。

Recommend