マイホーム購入で必要となる手続きガイド

ローンの種類として「固定金利型」と「変動金利型」の違いなどをまとめています。

マイホーム購入で必要となる手続きガイド

ローンの種類

多くの方はマイホーム購入にあたってマイホームローンというものを組むことになるといわれていますが、このローンにはさまざまな方法があります。
大きくわけると「固定金利型」と「変動金利型」というものに分けることができるのですが、それらにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
まず固定金利からあげてみましょう。
固定金利のメリットはなんといっても金利が変わらないという特徴がありますので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。
変動金利型に比べると金利は高めに設定されることが多いといわれていますが、将来的に金利が上がってしまったとしても現在の金利の適応になりますので、場合によっては安くなる可能性もあります。
これらに対して変動金利型というのは、定期的に金利が見直されるというローンになっています。
ちなみに金利の見直しに関しては5年に1度という期間になっている場合が多いのですが、金利が上昇する場合であっても前回の1.25倍が上限になっていますので、際限無く金利が上昇することはありません。
しかし金利変動リスクというものがありますので、毎月返済額を少なめにしておくなどの工夫が必要になるといえるでしょう。
これらの固定金利型と変動金利型の中間的なものとして注目されているのが固定期間選択型といわれるものです。
変動金利と同じく金利や返済額は変わっていくのですが、固定期間終了後は固定にも変動にもできるという柔軟性があるのがこの金利の特徴になっています。
固定期間が短いほど金利が低くなっており、かなりお得なものもあるということで人気が高くなっています。
このように金利というのはローンによっても違いがありますので、これから一戸建てやマンションを購入するというのであれば、ローンの種類にも注目してみましょう。
ちなみにローンを選ぶさいには金利以外にも注目しなければならないポイントがあります。
そのひとつとしていえるのが繰上返済に関する点です。
この繰上返済というのはある月に多めに返済をして、全体の返済期間を短くするというもので、総額利子を減らすことができるものです。
しかしローン商品のなかには、決まった金額でしか繰上返済ができないようになっているものや、繰上返済のためにはかなりの手数料が必要になるというものもあります。
ローン返済を効率的に行っていきたいのであれば繰上返済の際に手数料がかからないような商品が望ましいといえるでしょう。